東京法廷技術アカデミー あなたの言葉が世界を動かす

公判前整理手続ワークショップ

公判を活性化するための公判前手続の技術を身につけよう!

裁判員裁判対象事件では公判前整理手続が肥大化しています。裁判所は、裁判員抜きの非公開の手続のなかで、検察・弁護双方に出来るだけ詳細な「間接事実」を主張させ、ときには「認否」までさせて、「争点」を絞り込もうとします。公判で取り調べる証人の数を出来るだけ少なくしようします。裁判官は、公判が開始される前に、裁判員が選任されるまえに、事件についての心証を得てしまいます。公判審理は、裁判官にとってわずかに残されたパズルのピースを埋めるためだけの作業になってしまいます。

後から参加した裁判員は、事件の全体像や背景事情などについて、直接証人の言葉を聞くことができず、検察官が用意した「統合捜査報告書」などの書類の朗読を聞くことしかできません。複数の証人による様々な角度からの証言を聞いて関連証拠をじっくり吟味する機会を持つともできなくなります。裁判官と対等の事実認定者であるはずの裁判員は、裁判官の手の内でその指導にしたがって判断することを強いられることになります。こうして、刑事裁判に健全な社会常識を反映して公判中心主義・口頭主義を復活することを目指した裁判員裁判は形骸化の危機に瀕しています。

他方、裁判員裁判非対象事件では、たとえ事実に争いがある事件でも裁判官は正式な公判前整理手続をやりたがらず、これをできるだけ避けようとします。裁判官はフォーマルな手続を嫌い連日開廷の集中審理をさけようとします。その結果、検察官が必要にして十分な証拠を開示するという保障もないままに、公判は昔のようにだらだらと続くことになります。

われわれが連日開廷の集中審理のなかで依頼人のために法廷技術を発揮するためには、憲法と法の趣旨に則った公判前手続を行う技術と力量を身につける必要があります。そこで、当アカデミーは、公判前手続のノウハウを伝授するワークショップを開催することにしました。公判前整理手続の正しい理論と依頼人の利益のための効果的な実践を学ぶ1日ワークショップを企画しました。シミュレーション授業と講師のクリティークを通じて、皆さんに明日から実践できる公判前手続の技術を学んでいただきます。

 

公判前整理手続(1日)ワークショップの主なスケジュールを紹介します。

9:30 ~  9:45 オープニング

9:45 ~ 10:15 第1回打ち合わせ期日の実演と講評

10:15 ~ 10:35 ミニレクチャー(公判前の進行と基本的心構え)

10:35 ~ 10:55 ミニレクチャー(証拠開示)

11:00 ~ 11:30 ディスカッション(証拠開示)

11:35 ~ 12:05 第1回公判前整理手続期日の実演と講評

12:05 ~ 12:35 ディスカッション(公判前の進行と基本的心構え)

12:35 ~ 14:05 昼食+受講生準備

(予定主張・証拠意見・請求証拠リストの作成)

14:05 ~ 14:35 予定主張等講師検討

14:40 ~ 15:10 予定主張提出後の公判前整理手続期日の実演と講評

15:15 ~ 15:35 ミニレクチャー(予定主張)

15:40 ~ 16:10 ディスカッション(予定主張)

16:15 ~ 16:35 ミニレクチャー(証拠意見と合意書面)

16:40 ~ 16:55 ミニレクチャー(説示案)

16:55 ~ 17:25 ディスカッション(説示案)

17:25 ~ 17:40 クロージング

 

2017年は6月3日(土曜日)にTATA法廷教室(TKC東京本社ビル2階)で開催されます。

参加費は5万円、定員30名です。

参加申込書はこちら

問い合わせはこちらから。

 

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人東京法廷技術アカデミー All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.