「反対尋問は、疑いようもなく、真実の発見のために発明された最も偉大な法的装置である」(J.H.ウィグモア)

反対尋問は刑事弁護人にとって有用な武器の1つです。この武器も、他のあらゆる武器と同じように、使い方を誤ると惨事を招きます。法廷という戦場に出る前に、使い方をきちんと学ぶ必要があります。

当アカデミーでは、過去開講して大好評だった反対尋問ワークショップを、今年は大阪で初めて開催します。受講生の皆さんには、実演を繰り返していただくことで、反対尋問の仕組みと実践の技術を徹底的に学んでいただきます。

今回のワークショップでは、傷害致死事件の記録を使用し、目撃者証人・専門家証人の反対尋問を、2日間にわたって繰り返し実演していただきます。ケースセオリーを構築するためのブレインストーミングの時間もあります。講義やディスカッションもあります。

ぜひ受講をご検討ください!

【日程】
2017年2月24日(金)・25日(土)

【場所】
大阪市内

【主な講師陣】
高野隆、坂根真也、金杉美和、高山巌、趙誠峰、我妻路人

【テキスト】
2017年1月下旬に発送します。

【受講料】
10万円(施設利用料、資料代含む)
※交通費・宿泊費等は各自でご負担ください。

【応募方法】
申込書を下記宛にファックスかメールでお送りください。
定員は16名です。先着順とさせていただきます。

【お問い合わせ先】
〒101-0025
東京都千代田区神田佐久間町2-7 第6東ビル901 高野隆法律事務所気付
Tel: 03-5825-6033 Fax: 03-5825-6034 Email: komatsu@takanolaw.jp
一般社団法人東京法廷技術アカデミー 事務局 小松圭介