東京法廷技術アカデミー(Tokyo Academy of Trial Adovocacy (TATA))は、受講生の皆様からのご要望に応えて、ついに違法収集証拠のワークショップを実施します。違法収集証拠を主張する事案でどのような弁護をするか、公判前整理手続から証拠弁論まで全ての過程を網羅し、違法収集証拠をテーマにするワークショップは、TATAとしては初めての試みです。もちろん東京飯田橋のTATA法廷教室(法廷ITシステム付)で開催します。皆さんのお申込みをお待ちしています。
違法収集証拠を主張する事件においても、必要な法廷技術には変わりはありません。基本的かつ実践的な法廷技術を個別指導します。講義と実技と講評を繰り返すことによって、あなたの法廷技術をより確かなものにすることができます。さらに、公判前整理手続の証拠開示や争点整理も含めて、全過程を本番さながらの体験ができます。TATAの初めての試みにぜひご期待ください。

【日程】
2021年2月11日(木)~14日(日)

【場所】
TATA法廷教室(TKC東京本社内)
東京都新宿区揚場町2-1軽子坂MNビル2F

【講師】
高野隆、坂根真也、金杉美和、高山巌、趙誠峰、我妻路人

【テキスト】
2021年1月中旬を目処に発送します。

【受講料】
20万円

【受講申込の方法】
受講申込書に必要事項をご記入のうえ、メール(komatsu@takanolaw.jp)もしくはファクシミリ(03-5825-6034)にてお申し込みください。
なお、申込多数となる可能性がありますので、先着順ではなく、抽選とさせていただきます。3週間程度で申込を締め切り、抽選を行う見込みです。

【タイムスケジュール】
※現在調整中です。
※毎日9:30~18:30を予定しています。